暴力行為

暴力行為

私は20代前半の頃に老人保健施設で介護士として勤務していたことがありました。しかし介護士は過酷な勤務形態と給料の安さから、退職する人が後を絶ちません

私が当時勤務していた職場でも、1年間の間に毎月最低1人の介護士が退職するという事態に陥ったことがありました。退職した中には定年退職や寿退職をした人もいたのですが、そのほとんどが体調不良でした。

体調不良は腕や腰のひどい痛みがあったり精神的に不安定になったりするなど多岐にわたっており、上層部との話し合いで配置転換や勤務時間や夜勤回数に配慮するということを伝えても残るという人は誰もいないくらい皆調子が悪い状態だったのです。

このように毎月1人の退職者が出ると困るのは残った職員です。私は当時要介護度5の入所者しかいない部署に勤務していました。特に夜勤の場合は1人で40人近くの利用者のおむつを述べ120回以上交換したり事故防止のために実質上仮眠や休憩室内での休憩を禁止されていたことから、夜勤明けの時は腰痛がひどくなってまともに歩けず、フラフラになりながら帰っている状態でした。そのような夜勤は職員1人あたり月に4回程度することになっていたのですが、週に1回という割合だとしても本当大変でした。

しかしながら介護士が次々に退職していった後は月に6回は夜勤が回ってくることもあり、状況によっては連日夜勤をすることもありました。そのため私も当時20代前半ながら腰痛に加えて不眠症になったり、自律神経失調症になってさまざまな不調に悩まされるなど次第に介護士として勤務することが難しくなってきました。

私と同じように介護士として勤務している職員についても心身の不調を訴える人は多く、その後も毎月誰かが辞めていく状態は変わりませんでした。私のいた部署は当時8人職員がいないとシフトを組むのが難しい状態になっていたのですが、退職や他の部署の穴埋めで職員が異動するなどして6人に減らされていました。

そのような状況において入所者に異変がなければいいのですが、入所してきた職員が認知症を患うなどして暴力的であったりすると数人でその入所者の対応をしなければいけない状態になって大変でした。そして私が勤務してから2年が経過しようとした時、事件が起きました。

たまたま他の職員が違う仕事をしていた時に暴力的な入所者が私の顔をいきなり叩いてきたのです。不意にされたことから私は避けることができず、あと3か月後に結婚することが決まっていながら顔に小さいですがあざと傷ができてしまったのです。今まで入所者から少し叩かれたり蹴られたりするようなことはあったのですが、本格的にけがをしてしまったのは施設が開設されて以来初めてのことだったそうです。

これをきっかけとして上層部はさすがに介護士が足りない状況に危機感を感じたようで、リハビリスタッフなど業務がない時間帯のある部署の職員に補助に入ってもらうなどの対処をするようになりました。しかしながら私としてはそのような介護士の過酷な勤務状況を改善するのはすでに遅いと感じていて、これ以上この職場にいても働く気にはなれないと思い、負傷してからすぐに退職願を出して退職をしました。

その後はもう介護士とは勤務しておらず、むしろ現在の方がよりなり手がいないと思われてまた過酷な勤務内容になるのではと思っているので、今後も介護士として勤務しようとは思いません。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です